2018/06/24

2歳児連れマレーシア旅行③ マラッカの食

この記事は「世界遺産の街:マラッカ」からの続きです。

マレーシア旅行で楽しみの一つは、そのバリエーション豊富な食(特にストリートフード)ですよね。

以前シンガポールを初めて訪れた時に、その食事のバリエーションの豊富さに驚いたのだったが、それはほぼすべてマレーシアのものだと知るのはそれほど後ではなかった。

シンガポール・メシ編その1

このページでは、マラッカで食べた食事について書きたい。

フィッシュボール・ヌードル@Kopitium Tanka


マレーシアで美味いものを食べたいと思っていた私は、評判の良いレストランや屋台を事前にリサーチしていた。

そこでマラッカ到着後1食目は、ホテルからほど近いタンドーリチキンとナーンがうまいという評判のPak Putraレストランへ。

ところが・・・

ラマダン中の為か昼は休業中。

しょうがないので、近所のこれまた評価が高い、Tengkera Duck Noodleレストランへ・・・

そしたらこちらも休業中。

さらに近くにはジョンカーストリート・ホーカーセンター(Jonker Street Hawker Centre)があるが、ここも夜からの営業だという。

途方に暮れているとジョンカーストリート・ホーカーセンターの隣に何やら営業してそうな店を発見。
店の名前はKopitium Tankaと書いてあり、店の看板には巨大なJackerポテトチップス。

Kopitium Tankaヌードルハウス

一応近づいてみると「自家製フィッシュボール」と書いてあり、メニューを見せてもらうと、どうも自家製フィッシュボールを使った麺屋らしい。なぜポテトチップスの看板なのだろうか?

プトラジャヤからのドライブが長引き、お腹がすいた我々は、もうここで昼食を済ますことにした。
各々好みのフィッシュボールや肉ボール、麺を選び、ドライヌードルのスープ付きか、スープの入った麺に調理してくれる。

自家製フィッシュボールヌードル

ドライヌードルは文字通り、スープが無い麺。
日本のつけ麺とは違い味付けはされていて、スープ麺にくらべ油っぽくややこってり。

自家製フィッシュボールヌードル

ドライもスープ麺も両方美味かった。

全く飾り気のない倉庫のような店内のこの店。後で知ったが中々評価の高い店だった。



サテー@Jonker Street Night Market


マレーシア料理といえば誰もが知っているのがサテー。
マレー料理だが、華僑の手にかかると豚バージョンもある。

ジョンカーストリートにあるLao Jie Jia Xiang Weiというレストランで、軽く豚&チキンサテーを頂く。

この店もリサーチしていた店ではなく偶然入った店ではあったが普通においしい。

豚&チキンサテー

しっかりマリネされているせいか、こってりとしたピーナッツソースをつけるからか、どっちが豚/チキンかよくわからない。だが肉は柔らかくて、かつ炭火焼きで美味しい。

Lao Jie Jia Xiang Weiというレストラン

ジョンカーストリート・ナイトマーケットが行われていることもあってか、店内は大盛況。


マラッカ:ジョンカーストリートのストリートフード/デザート系


屋台で食べる軽食もナイトマーケットの楽しみの1つだ。

屋台で出されたPeanuts Mua Chee。要するにピーナッツあえされた餅。マイサンが気に入り、ほとんど食べてしまった。うちは大丈夫だが、ナッツアレルギー持ちのお子様は気をつけたい。

Peanuts Mua Chee

Mua Cheeの由来は日本の餅?それとも日本の餅の由来がMua Chee?

こちらはパンダン風味の餅にココナッツフレークをまぶし、中には黒蜜が入ったオンデ・オンデというニョニャ菓子。

オンデ・オンデというニョニャ菓子

日本人には普通に美味しいと言える味。噛むと中から黒蜜が飛び出してくる。
私の出身地、長野県&山梨県あたりでは信玄餅と言われる黒蜜をかけて食べる餅に味はかなり近い。

ニョニャ料理版ちまき

ニョニャ料理版ちまきといえる、ニョニャ・ライス・ダンプリング。

ご飯の青紫色は花で色付け。食感はもちもちしたいわゆるちまきで、これは中に(多分チキンの)チャーシューが入っているもの。
若干ピリ辛だったが、なぜかマイサンが気に入り、ほとんど食ってしまった。

ココナッツ・シェイク

ココナッツ・シェイク

暑いマレーシアでは冷え冷えのココナッツ・シェイクが美味しい。これもマイサンがストローに吸い付いたまま中々離さなかった。気に入ったようだ。

ドリアン・アイスクリーム

ドリアン・アイスクリーム

 以前シンガポールで試したドリアンはとても私の好みのものではなく、「2度と食わん」と誓ったドリアンだったのだが、

シンガポール・メシ編その2:魅惑のドリアン体験

やはり本場に来ると試したくなってしまった。
だが今回は、フルーツのドリアンは止めておいた。なのでソフトクリームで。

シンガポールで食べたドリアン&ドリアンデザートはひたすら不味かった思い出しかなかったが、年を取って私の舌が肥えたのか、それともマレーシアのドリアンの方が質が良いのか、結構いける。
知らない人にドリアンの味をあえて言葉で説明するなら、「熟成されて腐りかかった玉ねぎ味の中にほんのり濃厚なカスタードクリーム味」ってな感じ?

なのでソフトクリームには合ってるような合ってないような微妙な味わい。でも全部食えた。

そうだな。でもわざわざ食べなくてもいいかな。結局好みではないな。



タンドーリチキン&ナーン@Pak Putra


昼間閉まっていたこの店は夜は営業していた。
ほぼ満席。

Pak Putra

PAKと付いていることからおそらくパキスタン系なのだと思う。

タンドーリチキン

バターナン


タンドリーチキンに、バターチキン(カレーの一種)。そしてバター・ナーンとガーリック・ナーンを頂く。

このナーンがもちもちしていて非常に美味しかった。インド/パキスタン料理店は数多いドバイでもこのレベルのナーンはまだ開拓できていない。これはうまい。

このナーンを食すだけでも来店の価値あるレストランです。



ニョニャ料理@Calanthe Art Cafe


チャイナタウンではマラッカの名物料理、チキンライスボールを食べようと思っていた。
だけど数件あるチキンライスボール屋のうち、目星をつけていたところは混み混み。

他の複数の有名店は「観光客向け」だと評価が悪く、チキンライスボールでなければならない理由も無いので、プランを変更してチャイナタウン内で評価の高いニョニャ料理店:Calanthe Art Caféで食事をすることにした。

このレストランはマレーシアのどこにでもある、まったく内装など気にしない、まったく飾らないストリート系レストランと違い、欧米人が好みそうな、シャレたカフェ系の内装。

Calanthe Art Cafe


マレーシアの他の都市でも思ったが、年配世代が昔からやっている、まったく飾らないレストランやホーカーセンターがあるのに対し、最近は若い世代のおしゃれ系カフェ・レストランも目立つ。

ここで食べたのはニョニャ料理の代表選手:ラクサ。

ラクサ

ここのラクサはクセも無く非常に美味しかったです。

ニョニャ料理

ニョニャ料理にはこの様に御飯にチキンのおかず、という料理も多いようです。



中華料理様々@ジョンカーストリート・ホーカーセンター


このジョンカーストリート・ホーカーセンターはジョンカーストリートからはちょっと離れたところにある。

ジョンカーストリート・ホーカーセンター


我々が宿泊したカーサ・デル・リオ・メラカのすぐ前にあったため、最後の夕食はここでいくつかの料理を試した。

BBQポークとご飯

BBQポークとご飯。
白米が大好きなマイサンのために選んだ一品。普通におししいし、マイサンも結構食べた。

ワンタン・ミー

ワンタン・ミー(ワンタン麺)ドライ。
ワンタン・ミーは脂っこいマレーシア中華の中でも、あまりしつこく無い一品なので、旅行中はこれを食べる機会が多かった。

チャー・クエイ・テオ

これも代表的なマレーシア中華料理のチャー・クエイ・テオ。
この一品は、正確にはチャー・クエイ・テオ・シャム(Char Kway Teow Siam)という名称だった。タイ風ということだろうか。
だが味は、他でも食べたマレーシアのチャー・クエイ・テオとまったく同じ味だった。

テータリック

脂っこいので、マレーシア流紅茶:テータリックで喉を潤す。練乳入りで甘い。

ジョンカーストリート・ホーカーセンター

このジョンカーストリート・ホーカーセンターを始め、ホーカーセンターではどの皿も8リンギット程度の値段。安い。




私が住むドバイでは外食は高いので、マレーシアではどこで何を食べてもほんとうに安い。

外食が高いドバイと比べると、価格的には2〜3分の1程度で美味しいものが食べられる。

マラッカで食べた代表的なマレーシア料理まとめ


というわけでマラッカで食べた主なメニューは以下。

  • サテー
  • オンデオンデ
  • ニョニャ・ライス・ダンプリング(ニョニャちまき)
  • ココナッツシェイク
  • ドリアン・アイスクリーム
  • タンドリーチキン&バターチキン&ナン
  • ラクサ
  • BBQポーク
  • ワンタン麺
  • チャークイティオ
  • テータリック

次はマレーシアの食の都、ペナン/ジョージタウンへ・・・

 世界を旅した旅行記をまとめたページ

マレーシア旅行記事すべて
2歳児連れマレーシア旅行① まずはプトラジャヤへ
2歳児連れマレーシア旅行② 世界遺産の街:マラッカ
2歳児連れマレーシア旅行③ マラッカの食
2歳児連れマレーシア旅行④ 世界遺産の街:ペナン島・ジョージタウンへ
2歳児連れマレーシア旅行⑤ ストリートフード天国:ペナン・ジョージタウンの食
2歳児連れマレーシア旅行⑥ 大都市クアラルンプールその1
2歳児連れマレーシア旅行⑦ クアラルンプールその2:下町、バトゥ洞窟
2歳児連れマレーシア旅行⑧ クアラルンプールの食 その1
2歳児連れマレーシア旅行⑨ クアラルンプールの食その2:そしてマレーシアの食を総括する
マレーシア旅行⑩番外編:マレーシアでレンタカーを借りる

ドバイに関する最新ビジネス情報をSNSにて配信中! Follow Us!

 photo facebook_zpsdrko1l06.png  photo twitter_alt_zpssfdnlubz.png  photo linkedin_zpstdiv3dy6.png  photo google_plus_zpssnmgvnwz.png  photo youtube_zpsteblxlyi.png Consul Blog Feed photo feed_zpsipfsv36n.png

この記事をシェアする