2008年にドバイ(UAE)にて日系企業/投資家をビジネス支援するコンサルタント会社"Y's Consultancy"をたちあげた筆者。日本生まれ日本育ちだが海外居住はかなり長い。なので漢字が苦手。楽器オタク。

This blog is written in Japanese. But I sometimes write in English when I feel like it.

2015/09/07

ドバイ観光みどころ(オヤジ向け)その2

前回のドバイ観光みどころ(オヤジ向け)その1からの続きです。

パームジュメイラ&ザ・ワールド


両プロジェクトともにドバイの人工島。パームジュメイラへは車で簡単にアクセスできます。

一方、ザ・ワールドでは最近ビーチクラブがオープンしており、専用のボートで行くことができるようになっています。

でもやはりこれらの人工島を見るのに最も適した場所は空からです。
お金持ちならヘリをチャーターして空からドバイの数々の不動産プロジェクトを眺めるのも楽しいのではないでしょうか。






それからビーチリゾートであるドバイでは各種クルーズ系もお勧めです。
ドバイマリーナからダウ船のクルーズが出ているし、クリークサイドからもダウ船クルーズがあります。




 

中古車マーケット


車好きのオヤジならAl Aweerの中古車マーケットに高級スポーツカーのみを扱う店舗が幾つかあります。
フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ、ロールスロイス、ベントレーなどなど。



ただし最近は、特に高級な車両(価格にして3000万円以上の車両)を扱うショールームは、ドバイの中心地を通るシェイクザイードロード沿いに移動しつつあります。

食事(セレブシェフ系) 


ドバイにはヨーロッパのセレブシェフ系レストランが多数出店しています。でも高いですが。

食事(ローカル系) 


一般的にアラブ料理と言えば、実はレバノン料理が代表的。
ドバイのいたるところにレバノン料理店はあるし、ホテル内でライセンスを持っているところではお酒を出す店もある。

他にUAEの地元料理というのがあり、これは結構南インド料理に似ている。
南インド料理は当然カレーなのだが、UAEの郷土料理はカレーが辛くなくなったシチューのような感じ。
旅行客が行くのであれば、ドバイとアブダビに数カ所あるAl Fanar Restaurantが入りやすいし、地元のUAE人も多いのでドバイに来た雰囲気が味わえる。ただしお酒は出ない。

それからローカル食と言えば、基本的にインド人、パキンスタン人が人口の半分以上を占めるドバイでは、これらの国々のレストランも多い。

基本的にはカレーであるが、実は地域によってそれぞれカレーは違う。

バターチキンなどの北インドの料理(カレー)や、Calicut Paragon等で食べられるシーフードを中心とした南インドのカレー。RAVIレストランのパキンタンカレーなど。

それぞれ違うのでカレーフェチの人はドバイで様々な国/地域のカレーを試してみるのも面白いかもしれない。

灼熱のドバイ魚市場で売られているこいつでサメカレーでもいかが?
  

飲む


アルコールはご法度なイスラム教国であるが、ドバイにはヨーロッパ系のバーやパブがホテル内に多数出店している。

例えばベルギービールを出すBelgian Beer Cafeやドイツビールを出すHofbrauhausなど。
他にもアイルランド系パブを意識したIrish Villageもある。もちろんイギリス系パブも。

空港前のメリディアンホテル内のWarehouseなどもドラフトビールの種類が多く、ドラフトビール好きにはお勧め。

シーシャ (水タバコ)


私、タバコは随分前にやめましたが、シーシャは家にもセットがあってたまに吸います。
普段タバコを吸わないので結構効き、そしてリラックスできる。

そしてその夜はニコチン効果からか寝れなくなります・・・

シーシャはドバイの多くのバーや、シーシャカフェ、アラブ系レストランで体験でき、お勧めですが、1回のシーシャ・セッションでタバコ(シガレット)1箱位の悪影響があるらしいので、吸いすぎないように注意しましょう。




<スポンサー広告>

この記事をシェアする

フォローする

 photo facebook_zpsdrko1l06.png  photo twitter_alt_zpssfdnlubz.png  photo linkedin_zpstdiv3dy6.png  photo google_plus_zpssnmgvnwz.png  photo youtube_zpsteblxlyi.png Consul Blog Feed photo feed_zpsipfsv36n.png

コメント|ご意見 なんでもOK