ドバイで借りたレンタカーのランボルギーニ爆走で500万円の罰金!しかもたったの4時間で。

ドバイでは、今日こんなニュースがあった。

Luxury supercar in Dubai racks up Dh170,000 fine in 4 hours

記事によると、ドバイに旅行で来た英国人がランボルギーニ・ウラカンをレンタルし、夜中に爆走してスピード違反取締りレーダーに33回引っかかり、罰金の累計がAED170,000(およそ500万円)になった、という話だ。



この罰金はレンタカー会社に支払い義務があるらしい。
次からはデポジットを1000万円くらい取りたい気分だろう。

また別の記事によると、レンタカー会社がこの旅行者を相手にして訴訟の準備を進めている、という話だ。

ドバイでの交通違反は罰金ではじまり罰金でおわる。


ちなみに税金の無いドバイでは、交通違反の罰金は政府の重要な収入の一部だ。たぶん。(政府に確認したわけではない。)

なのでいろいろなところに交通違反の罰金を取られる仕掛けが備えられているが、スピード違反のカメラはその代表的なもので、町中のいたる所にインストールされている。

それは目立つものから、「あれ?いつ写真撮られたの?」というような隠しカメラの様なものまで様々。

アメリカの様に警官に捕まって色々聞かれたり、身分証明書をチェックされたり、という事はほぼ無い。
警察のオートメイトされたシステムにより罰金が加算されたことがSMSで携帯電話に送られてきて、それを払えば終わり(罰金を払わなければ次の年の車両登録ができない)、という方式だ。

私自身ドバイで10年以上運転しているが、交通法規に関しては、具体的に「どこで何キロを超えると幾らの罰金」というような詳しい内容は知らなかった。
特にわれわれ日本人は、交通法規を勉強しなくても、簡単に日本の免許証をUAEの免許証に切り替えられるからだ。

一般的に、制限速度を20キロ超えるとカメラ作動(=罰金)と言われているので、皆制限速度100キロの道路は120キロまで、60キロのところは80キロまで、みたいな感じで運転する。

そんなんで今までは知らなかったが、ニュースの記事によると、

ドバイでのスピード違反の罰金は以下のように履行されるらしい。


  • スピードリミットを20キロ〜30キロまで超えた場合:AED600(18000円)
  • 40キロまで:AED700(21000円)
  • 50キロまで:AED1,000(3万円)
  • 60キロまで:AED1,500(45000円)
  • 60キロ以上80キロまで:AED2,000(6万円)
  • 80キロ以上:AED3,000(9万円)

この違反した旅行者の英国人はスピード違反のカメラ(センサー)があることなどまったく考えなかったのだろうか?
英国にもスピード違反センサーくらいあるだろうに。

それとも二度とドバイに来ないので、やっちまおうという確信犯だったのだろうか・・・

レンタカー会社も後から500万円もの罰金請求がきてさぞびっくりしただろう。

ドバイは完全な車社会なので、レンタカーを借りる日本人の訪問者も多いと思うが、交通違反にはくれぐれも気をつけて下さい。

ドバイを含むUAEには借金を残さない方がいい


ちなみにこの英国人の様なケースで、UAEでの訴訟で支払い義務が発生し、それでも踏み倒した場合、今後何かの拍子でドバイ国際空港でトランジットするなどUAEを経由するケースでは、ただちに収監される可能性がある。

なので踏み倒すなら二度と中東に近づかない覚悟が必要だ。

でも英国にはドバイでモーゲージなど踏み倒して逃げ帰る人が結構いるので、最近は英国の取り立て業者などとも繋がっているらしい。

世界には常識を逸したとんでもない人間もいる。


日本にもいるけどね。

海外からの観光客・訪問者も多く、居住者の90%以上が外国人でグローバル化が進んだドバイでは、そんな外国籍者の債務者に逃げられないようにするのもリスク管理の1つだ。

日本でも最近は、短期間のステイで日本の保険証を獲得し「高額医療を受けた直後にトンヅラ」という外国人が増えていて、医療費増に拍車をかけている、というニュースを見た。

なので外国人が本格的に増える前にこういった面での対策と法整備が日本でも必要ですね。


・フォローして頂けますと嬉しいです。(フォローバック100%): @ysconsultancy


移民が圧倒的に多い都市ドバイに住んでる私が、日本の「 外国人労働者受け入れ拡大」について思う事。