2012/09/05

ヴェネツィアの食:イタ飯ファイル パート3

前回のローマの食フィレンツェの食、につづいてイタリアめし編3回目。
水の都ヴェネツィアではやはり魚介類が新鮮で美味しいです。


海鮮カルパッチョとシーフードのタリアッレ(下)。ここはガイドブックにも載っている店だが非常に美味しかった。


イタリアの食事は前菜、プリモ(第一の皿)、セコンド(第二の皿)、デザートなんて順番があるらしいですが、普通の日本人にはとてもそんなに食べられません。でも全部を頼まなくても大丈夫。
親切な店では前菜のスープを2人で1つしか頼まなければ、2皿に分けて持って来てくれるし、メインのパスタで1つしか頼まなければ同じく2皿で持って来てくれます。


宿泊地近所にあった魚市場。


イワシのマリネ。白ワインorスプマンテにぴったり。うまい。


ボンゴレとスパゲッティ・イカスミソース(下)。(店の人が「イカスミソース」と言っていた。)
 

ヴェネツィアに住んでたイタリア人から、レストランの日本語メニューは他の言語より値段が高いよ、と聞いていたが、たまたま入った店がガイドブック店で日本語メニューをおいている店だった。
だから英語のメニューで注文したのだが、パスタが英語圏(アメリカ人?)向けのようでフニャフニャ。アルデンテがなっていない。

ここまで来て、イタリア旅行で美味しいものを食べる為のレストラン選びのコツがわかって来た様な気がする。

・日本語メニューがある店には入らない。
・観光らしき団体客がいる店は避ける。
・広い店内(団体向け)の店は避ける。
・在住者が良いという店はお勧め。
・イタリア語のメニューしか置いてないところは比較的当たりが多い。
・客がローカルのおっちゃん度高ければよし。

まあ勝手な意見ですが。



こちらもガイドブックに載っていた店だが非常に美味しかった、イカスミ・タリアッレとスキャンピというエビ。


そして運河を見ながらトスカーナの地ビールを頂く。最高。




フィレンツェの食:イタ飯ファイル パート2

前回(ローマの食)に引き続きイタ飯ファイルさくさく行ってみよう。

まずはフィレンツェの街角から。


イタリアバージョンのモツ煮込みとも言えるランプレドット。臭みもなく美味しい。


チョコラータ。イタリアのジェラートはさっぱりしていて美味しい。



ポルチーニのタリアッレとトマトソースのニョッキ。可も無し、不可も無し。
レストランに入ってから気付いたのだが、ここはガイドブックに載っている有名店だった。

どうもガイドブックに載ってる有名店(観光客向け)というのは、パスタの茹でがアメリカ人向け(?)のようでアルデンテがなってない。
食にうるさい日本人にはローカル度高い店に行く方が、口に合っているのではないかと思う。 イタリア語のメニューしか無いなど若干ハードルは高いが。

まあ、言葉に関してはなんとかなる、と思えばなんとかなるもんです。


フィレンツェの宿泊先の主人に勧められて行ったレストンランで食べたパスタ2皿。

うまい。

やっぱ地元民の意見は絶大。ただしイタリア語メニューのみ。やはりしっかりメン堅(アルデンテ)。



 フィレンツェでは名物のビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ(写真上)を食べたい、と思っていたのだが、1キロ以上でないと注文できない、という話に「小食家族」なうちでは妻が難色をしめしていた。

ところが昔の友人(13年ぶり!)にばったりフィレンツェで出くわすと言う偶然で、皆でディナーをということになり、ブツにありつけることになった。

うまい。

ヴェネツィアの食編は次回へ。



2012/09/04

ローマの食:イタ飯ファイルパート1

前回のイタリア車編に続き、イタめし編いってみよう。
 
イタリアへ旅行に行く前は、さすがに9日間イタ飯は食えんだろう、と思ってましたが・・・

だってイタリアンってオリーブオイル(油)たっぷり、っていう感触あるでしょう?

ところが、全食イタリアンしてしまいました。サンキュー、グラッツェ、ウマカート。

実は「イタリアンじゃないものも食べたいよね」ということになり、フィレンツェにラーメン屋がある、とウェブで見て行ったんですが。
地図の場所にありませんでした・・・(っていうか閉店?)

そんな訳で結果全食イタリアン。いや〜、イタリアン結構奥が深いです。(あ、でも私えらそうに言う程食通ではありません。)
という訳で妻が一生懸命フード写真を撮っていたので、一気にアップしたいと思います。

そういえば「飯の写真取るのなんて日本人くらいだ」なんて話を聞いた事がありますけどね。確かにそうかもしれないですね。これも日本人の食に対する「こだわり」ですね。


今回はイスタンブール乗り換えだったんで、まずはトルコのビール、エフェスのドラフトで。イスラム圏のビールなのに非常に美味しい。イスタンブールではなぜかビール代とコーラ代があまり変わらない。それでついついビールを飲んでしまう。
ドバイでも割り切ってビール造ってほしいですよね。ありえないことはわかってますけど。

バブル時はドバイのシェイク(王様)が「ドバイを世界一の都市にしたい」旨の話をしてましたけどね。私個人的にイスラム教を捨てない限りそれは不可能かと。 非常に個人的な意見ですけど、イスラム教って規律が多くてうるさい中学校みたいなんすよね。あれダメ、これダメ、って。だから「世界一魅力的」は無理でしょ。

それか世界中がイスラムに支配されたらあり得ますね・・・

話それましたが、まずはローマのイタ飯から。


まずはコロッセオ近くの流行ってそうなトラットリアで子牛のグリルとスパゲッティ・アッレ・ヴォンゴレ。要するにボンゴレ・パスタです。
ここで本場のアルデンテを実感。まじでメン堅。
それにしてもワインが安い!
ドバイの1グラスの値段で、イタリアではハウスワイン1リッター飲めます。

イタリアで安いと感じたのはこれだけでしたが・・・


タコのカルパッチョ。とポルチーニのピッツァ(下)をローカル度高めの店で頂く。


今回ホテルじゃ無くて3都市すべてB&B(日本で言ったら民宿?)にしたんですが、「メシ」という観点からはこれが大正解でした。
B&Bの主人にうまい店を教えてもらえるからです。教えてもらって行ったところはすべてうまかったです。(そしてローカル度高かった。)
イタリアの観光都市はホテル代がバカ高いので、こういったB&Bで価格を押さえつつ、スタッフや主人と仲良くなって色々教えてもらうのも良いかもです。
今回ローマのB&Bの主人は日本人は我々が初めての客だそうで、非常に歓迎してくれて居心地良かったです。ただし英語あんまり通じませんでした。(でも会話成り立つんだよね、不思議と。)

最後にはしっかりトリップ・アドヴァイザーで3つ星以上付けるよう、頼まれましたが。ノー・プロブレムです。


パルマハム&メロンにチーズとハムの盛り合わせを注文してしまい、後で「ハムだらけじゃん」と後悔。


毎日暑かったのでひえひえのプロセッコ(スパークリング・ワイン)がうまい。



庶民の台所(るるぶ曰く)、テスタッチョのレストランで食すローマ風カルボナーラとアマトリチャーナ。

長くなっちゃったので次の投稿(フィレンツェの食)へ続きます。




この記事をシェアする

フォローする

 photo facebook_zpsdrko1l06.png  photo twitter_alt_zpssfdnlubz.png  photo linkedin_zpstdiv3dy6.png  photo google_plus_zpssnmgvnwz.png  photo youtube_zpsteblxlyi.png Consul Blog Feed photo feed_zpsipfsv36n.png