2008年にドバイ(UAE)にて日系企業/投資家をビジネス支援するコンサルタント会社"Y's Consultancy"をたちあげた筆者。日本生まれ日本育ちだが海外居住はかなり長い。なので漢字が苦手。楽器オタク。

This blog is written in Japanese. But I sometimes write in English when I feel like it.

2017/01/27

Talking About South Korea

There is one country really frustrates me (or maybe all of us, Japanese) once in a while. Which is South Korea.

It's like mosquitoes around your head. It happens once in a while.

I'm not talking about Korean people, but it's country.

North Korea is public enemy No.1 (or 2, maybe) in the world, and it's government abducted many young Japanese and children in the past. However its always South Korea who get on our nerves the most.

One example here. South Korean thieves stole historic statues from Japanese temple. Then Korea's supreme court orders not to return those to Japan. The court says Japan needs to prove "it's not stolen from Korea or wherever in the past."

Wait. Someone stole something from me, then I have to prove my ancestors did not steal it from somewhere….

What kind of stupid logic is that?

[PR]


Now, yet again Korea successfully annoys us. Which is;

‘Comfort women’ statue installed near Japanese consulate in Busan

By the way, I'm not a nationalist at all. I'm pretty liberal.
One of my Japanese friends even call me Anti-Patriotism, because I'm often critical of what Japan's doing.

It's Done Deal : South Korea - Japan Comfort Women Agreement


Here is BBC link regarding the agreement.

Japan and South Korea agree WW2 'comfort women' deal

Japan and South Korea reached an agreement on Dec 2015. Main principles are;

  • Japanese government (Japan's prime minister) officially apologize to those who suffered during the War time. (Actually, Japan apologized probably more than 10 times up to today) 
  • Japanese government pays 1 billion yen to support the victims. (Japan, include public fund, actually paid more than that already in the past) 
  • It will consider the matter resolved "finally and irreversibly" (actually the war issue between Japan and South Korea is supposed to be resolved in Japan - Korea treaty in 1965) 
  • South Korea will look into removing the statue symbolizing comfort women.

Based on agreement, Japan payed 1 Billion Japanese Yen, and Korea gradly took it already.

I was actually a bit annoyed by this agreement back then, because of the line "South Korea will look into removing the stature….". It does not say "Korea will definitely remove the statues from all over the world".

If you are dealing with the country like Korea, you have to make sure it's written in definite wording and President Park Geuen-Hye's finger prints on it. Because you are dealing with…. Ah.. South Korea…

I am sometimes quite disappointed by MOFA (Ministry of Foreign affairs) Japan. Their lack of negotiating ability causing a lot of issues later. Japan's desktop elites from Tokyo university has been pretty horrendous on negotiation at times.

Then….

Here. We. Go. Again.

South Korea's activist group installed yet another comfort women statue in front of Japanese consulate in Busan, the second largest city in Korea. (There is one statue already in front of Japanese embassy in Seoul, if you do not know..)

The issue is not what Japan haters (activist group) did. Haters gonna hate no matter what.

After the statue is installed in Busan, Korean government says that the issue is between Japan and civic group, so Japan has to talk to group to solve the issue.

Wait. WUT???

The agreement is done deal. The agreement is between the 2 countries. It's done. Period.

South Korea. You are not making sense at all. And you do not have any credibility (sadly as always).

Here is the problem with the comfort women statue


Now the comfort women statues are all over the world, installed successfully by Japan haters and city officials backed by haters vote and money.

Here is the problem.

The statue states "200,000 girls are taken by Japanese army and force to become the sex slaves…" That is complete fabrication and well documented (at least in Japanese) already.

Do you know where the number 200,000 coming from?

That is the number of girls who worked for the factory during the WW2. Not in the brothels.

Japan's Asahi Shimbun (Asahi News Paper company) famously mixed up the factory workers and those who worked as prostitute, and then fabricate the story. They also published other comfort women stories coming from bogus sources. Asahi Shimbun officially appologized 30 years after the fabricated story.

The writer of the story was Japanese whose wife is Korean comfort women activist who sued Japanese Government for seeking money based on her husbands story.

Before Asahi Shimbun's story came up, no Koreans ever claim about comfort women sufferings. So basically Asahi shimbun create the issue and Korea took an advantage of it.

Even though Asahi apologized 30 years later, that was too late. The damage is very well done.
I hope Asahi shimbun simply cease the operation and disappear.

I don't go through the comfort women history here. Even though there are a lot of fabricated stories around, there were people who actually suffered at the Japanese army authorized brothels.
It's during the war time. Horrible things happened. I feel really sorry for those who suffered. And I believe Japan is taking responsibility based on the fact.

But, if you fabricate the story and built the statue based on the political purposes, that is plain wrong.

I see more disgust among Japanese people toward Korea


Everybody know how Koreans hate Japanese. Korean schools teach student to hate Japan. That makes them strong as a country, as a unit, as a team. And Chinese communist party's tactic is somewhat similar.

It was not a big issue they hating us. There was a war. Many people suffered.

In 1990's, I was watching TV program interviewing Korean young people. All of them claimed they don't like Japan.
I got very strange feeling why everybody consistently dislike one particular country. The War is already 50 years ago back then. Those young Korean people in TV program are not in the generation of War.

Some of Korean Expert says it's not really a hate. More like a love/hate feelings.
I don't know about it, but many Koreans seem to love to visit Japan.

So it was all ok until recently.

But now, I guess the feeling towards Korea are changing among Japanese. Many Japanese are really start disliking Korea.

Because things are bit too much. What Korea is doing simply lacks common sense. We feel disgusted.

If Japanese start disliking Korea, that is real dislike. We will choose not to visit Korea and not to buy Korean products.

I don't know if that is what really Koreans want from us.

[PR]

2017/01/15

エジプト その3

観光地としては、やっぱりピラミッドが一番か


今回、様々な遺跡を見て回ったが、やっぱりギザのピラミッドが一番良かった。

この巨大な建造物が5000年も前の人間によって作られ、内部の構造など未だに様々な謎に包まれたままだなんてアンビリーバブルかつロマンチックでもあります。

[PR]

それからルクソールの王家の谷とツタンカーメンのマスク(エジプト古代史博物館)も良かったね。ツタンカーメンのマスクは今から3000年以上前の遺物とは思えない精巧さと輝かしさを保っています。

そしてエジプト古代遺跡と言っても、一言で「古い」では片付けられません。
5000年前という歴史もさることながら、ギザのピラミッドができた時代とツタンカーメンの時代は余裕で1000年以上の違いがあるわけで、言ってみれば私と聖徳太子の時代の間の時間軸があるわけです。

非常にスケールが大きいエジプト古代遺跡です。

地方とカイロ 


旅程はルクソールからエジプト入りし、その後ナイル川を上ってアスワン〜アブシンベルへ行き、カイロへ向かう、という流れだったが、この過程でカイロと地方の圧倒的な格差を垣間見る。

ホルス神殿があるエドフの街。



ここでは子供が結構働いている。義務教育というのは無いんだろうか。それから街で見かける/働いているのはイスラム教国の古い価値観を感じさせる男ばかりだ。

一方カイロで泊まったメナハウスでは普通にエジプト人女性がヒジャブを頭に巻くこともなく働いているのでよりオープンであることがわかるし、街中も地方とは明らかに違い、富が集中している感がある。

雑多だがエジプトのヒト・モノ・カネがあつまっている感のあるカイロ。



そのような格差と環境が、アラブの春直後に、より宗教色の濃いムスリム同胞団が地方の多数の支持を受けて政権を握った理由なのだろう。

今回ツアー旅行ということで街中には全く出られなかったので、街の人々の様子が見られなかったのは非常に残念だったが、その辺は次回に機会があればと思う。私が住んでいるドバイから近いからね。

治安は言われている程は悪くはなさそう


と思っていたら、エジプトからドバイに帰ってきた直後に2つのテロが発生。

いずれもカイロで、1つはギザのピラミッド近くの警察が集まる検問所、もう1つはコプト教徒の教会爆破事件。

エジプト旅行中には観光バスに銃を持った警察官1人が帯同するケースが結構あったが、実際に武装したテロ集団に狙われたらどうにもならなかっただろう。

だが、そういうイスラム急進主義者に狙われる不運に襲われない限り、街中で危ない目に会うことはあまり無さそうだ。

最近、パリなどでは治安の悪化によって強盗にあう観光客が多いらしいが、エジプトではそういった心配は無さそうだ。

ただししつこい物売りやいちいち金をせびる輩が多いので、その辺は個人旅行をするなら覚悟が必要ですね。

ツアーで回ると日本語ガイドのエジプト人以外は、「ワンダラー、ワンダラー(One Dollar)」を連呼するエジプト人だらけなので、エジプトとはこんな人間ばかりなのかと勘違いしてしまいそうだ。

以上、人生初のツアーにて参加したエジプト旅行でした。

エジプト旅行に行くなら、多分古代遺跡を見に行く事がメインイベントだと思います。その際には日本語ガイドと共に行くことをお勧めします。
ガイドさんが遺跡について説明してくれることによって、遺跡の背景を知ることができ、より観光も楽しめると思います。

多分エジプトでは観光は主要な産業なので、業界に優秀な人材も多いのではないでしょうか。我々のツアーで一緒にまわった日本語を流暢に操るエジプト人ガイドさんも非常に良かったです。
エジプト その1
エジプト その2
[PR]

2017/01/14

エジプト その2

人生初の団体旅行にてシニア両親とともに行って来たエジプト旅行だが、ピラミッドがどうだった、ナントカ神殿がどうだった、という旅行記を書くのも面倒なので、エジプトを回って思ったことをツラツラと書きたいと思う。

ナイル川クルーズはなかなかいい


今回のツアーは羽田発、ドーハ(カタール)経由のルクソール入り、という日程で、ドバイに住む私は現地ルクソール集合(実際にはドーハから同じ飛行機)にて参加。

ルクソールから早速観光スタートしてナイル川クルーズに乗り込む。

このナイル川クルーズは、ルクソール〜アスワンの間を4、5日かけて、ナイル川沿いの遺跡を観光しながらクルーズ船にてゆったりと移動する。

どちらかというと日本人の忙しい旅行とは違い、私好みのゆったりした旅行スタイルだ。

我々が乗船したのはNile Goddessという名前の船だったが、メシはマズくなく相対的にまあまあだった。

五つ星という触れ込みだが、ドバイ的視点で見ると「デイラ(旧市街)の中級ホテル」といった趣。

[PR]


このクルーズには我々のツアー(クラブツーリズム)と、もう1つの日本のツアー客が乗船していて、日本人の貸切となった。



ゆったりとナイル川を上るクルーズは、忙しい日常を忘れさせてくれてリフレッシュできた。
特に今回は日本に住む両親と一緒だったので、普段会わない両親とゆっくりと話をする機会ができて非常に良かったと思う。(まともなWIFIサービスが無くて仕事メールをチェックできなかったこともある意味良かった。)

ところで(予想はしていたのだが)、旅行している日本人はシニア層ばかり。それは我々のツアー内の話だけでは無い。観光スポットで見かける日本人全般の話。

カルナック神殿にスカラベ(ふんころがし神様)の像があって、その周りを6周まわると結婚できる、という逸話があるらしい。
日本語ガイドさんがその話をした後、ツアー客の中からまだ結婚していなさそうな人を見回し始めた。嫌な予感がしたのだが、そこで「結婚してますか?」との質問を浴びせかける為に選ばれたのは私だった。つーか、私46歳なんですけど・・・

まあ、そんな感じのシニア度なのだ。

ここで偉そうに日本人の休日と海外旅行に関して感じることを。

まとめて休日が取れる時期では無いのはわかるが、元気でお金を持っているのはシニアだけなのか、若者は忙しくて旅行どころでは無いのか、そもそも若者は旅行に行くお金が無いのか、それともエジプトのような情勢の悪いところへ行くのは先が長くないからと思っているシニアだけなのか・・・

本来、旅行でも何でも海外へ出るのは、様々な経験を得る、様々な事態に臨機応変に対応できる、ということでは若い時の方が良いと思う。

考え過ぎかもしれないが、若い時はひたすら会社で働く毎日を過ごし、子どもが巣立って、仕事もリタイアした後に、やっと人生を楽しみ始める、という日本人のスタイルはどうかと思うね。 個人的には。



シニアになると頭が固くなるので、もっと若い人がどんどん海外へ出て、若いうちから色々経験できる社会の方が良いと思うが。

エジプト旅行は圧倒的に日本人が多い


旅行中、道中見かけた旅行客は多分6〜7割が日本人、次に中国人、欧米人はあまり見ない、といった感じだった。エジプト旅行は圧倒的に日本人が多い。

距離的には非常に近いのに、ヨーロッパ人が少ないのは少し驚きだった。

今回はアブシンベル神殿で、夜のライトアップ・ショー(音と光のショー)を見たのだが、「客は日本人が多い」という理由でショーはなんと日本語バージョンだった。
目の前に座っていたフランス人のお姉さんグループはエジプトへ来たら日本語のショーを見せられ、どう思っただろうか。

ところでこのショーの日本語ナレーションが50年前のNHK教育ラジオってな感じで、言葉が古くて意味がよくわかんないしイマイチだった。いっそ英語の方がわかりやすかった・・・



話変わるが、海外旅行に行くと(やっかみではなく単純に)どこでも目につく中国人であるが、やはりエジプトにもそれなりのパーセンテージで来ていた。

だが面白いことに中国人は「写真撮影/カメラ持ち込み禁止」の場所には全くいない。

彼らは写真を撮りに旅行に来ているんだろうか・・・

写真OKな場所では遺跡によじ登って周りを気にする事もなく大胆なポーズを取り、やや目障りなのだが。

やっぱり食事はマズかった


前述した通り、クルーズのメシはビュッフェ形式だったので比較的種類も多くまずまずであったのだが、街のレストランとなると話は違った。

どうもエジプトのように治安の悪い場所だと、ツアー客が行くレストランもお約束のところになってしまうようだ。入ったレストランの多くは銃を持った警察が常駐している場所だった。
だが大量の団体観光客をさばくための食事処、という感じで味は今ひとつ。

そしてメニューは必ずケバブ(串焼き肉)に、ジャポニカ米にも似たエジプト米のご飯が添えられたもの。 さすがに何食もこれが続くと食欲も減退してくる。

エジプトにも美味しいものはあると思うが、旅行で食を楽しむには個人で街に出る必要がありそうだ。街中の庶民のコシャリ屋でも試してみたかった。

ところでエジプトは皆さんもご存知の通りイスラム教国である。だがお酒好きにとって朗報なのはエジプト産のビールもワインもあることだ。
エジプト産のビールには「ステラ」と「サッカラ」というのがある。どちらもヨーロッパの影響を受けた味わいで結構悪くない。

エジプトでは少数派の、コプト教(キリスト教)などイスラム教徒ではない人たちが醸造しているのか聞いてみたところ、「イスラム教でもお酒作って何も問題ないよ」だそうだ。

より宗教色が強く、酒を作らないどころか国によっては滞在中も酒が飲めない地域が結構あるGCC諸国とはずいぶん違う。サウジアラビアでイスラム教徒がお酒醸造したら、多分公開処刑だよね。

この辺は政教分離が進んだトルコにも若干似ているようだ。
エジプト旅行3へ続く


[PR]

エジプト その1

エジプトに行ってきた。

ドバイからエジプトまでは飛行機で4、5時間と行きやすく、同じ中東ということでドバイ住民にとっては最も行きやすい世界的な観光地の1つだ。

だがアラブの春以来、エジプトの情勢は混乱し、簡単に行きたいと思える場所ではなくなった。

[PR]


実は私自身、エジプトのピラミッドやナスカの地上絵、アテネのパルテノン神殿など「古代遺跡を見に行く旅行」というのは特別興味がなく、パリやニューヨークなど、どちらかと言えば現代の文化的な要素を体験できる場所へ行きたい、という思考なので、もともとエジプト旅行にはそれほど魅力を感じていなかった。

で、なぜエジプト旅行なのかというと、日本に住む私の父が前から行きたいと言っていたからだ。

それはすでに4、5年前から言われていたことだが、とにかくエジプトの情勢が悪くて、70代シニアの両親を連れてのエジプト行きなどとても実現しそうもなかった。

だがシシー大統領が就任して以来、情勢も一応安定して来た


そんなわけで両親を連れたエジプト旅行の計画を始める。(正確には妻が調べてくれたのだが)

一旦我々が住むドバイに両親に来てもらい、その後私を含めてエジプトへ向かうという計画だ。

実際、個人旅行スタイルでのエジプト旅行を計画してみると、ガイド料金が結構高い、公共交通機関がよくわからん、など結構ハードルが高い。特に移動は両親ともにシニアなだけにいちいちタクシーやバスなどで価格交渉して移動するのはキツい。

それから遺跡を回るのに説明してくれるガイドは必要だよね。そもそも英語ガイドだと私の両親はチンプンカンプン。日本語ガイドを個別に雇うと結構高い。

そんな状況でいると、私の母から、たまたまチラシで来たエジプトツアー(団体旅行)のコースがお父さんの行きたいところにぴったりだという。

ツアー・・・

私個人的にはツアーに参加したことは人生で一度も無く、全く別世界のモノであるわけだが。

という理由は、

そもそも団体行動が苦手
旅行に行ってまで時間通りに行動するのは嫌
朝が早いのも嫌
団体様専用レストランはどこもマズい

などなど。

だけどまあ、今回の旅行は両親のための両親の旅行というなので。

そんなわけで人生初のツアー(団体旅行)を体験することとなった・・・

エジプト旅行その2へ


[PR]

この記事をシェアする

フォローする

 photo facebook_zpsdrko1l06.png  photo twitter_alt_zpssfdnlubz.png  photo linkedin_zpstdiv3dy6.png  photo google_plus_zpssnmgvnwz.png  photo youtube_zpsteblxlyi.png Consul Blog Feed photo feed_zpsipfsv36n.png