2008年にドバイ(UAE)にて日系企業/投資家をビジネス支援するコンサルタント会社"Y's Consultancy"をたちあげた筆者。日本生まれ日本育ちだが海外居住はかなり長い。なので漢字が苦手。楽器オタク。

This blog is written in Japanese. But I sometimes write in English when I feel like it.

2015/01/15

イギリスの食

ちょっと間が空いてしまったが、今回はイギリス旅行時の食事について。

誰だ??イギリスのメシが不味いって言ってるやつは???

はい。それは私です。(でした。)

というのも、以前ドバイからアメリカへ行く経由地としてヒースロー空港へ立ち寄った。
到着したのは早朝で、空港内にはイギリス系パブと、英国系なんちゃって和食の”Wagamama”がオープンしていた。さすがにパブのがっつりブリティッシュ・ブレックファーストは食べる気にならず(もちろんビールなんて飲みませんよ、朝から)、ドバイにもある”Wagamama”で「ブレックファースト焼きそば」なるものを注文した。ドバイのWagamamaではラーメンは全く異次元のものだがその他のディッシュは一応大丈夫だ。なぜかカツカレーのカツの上ごはんがのっているのもご愛嬌だ。

話それたが、この「ブレックファースト焼きそば」がまた・・・・

圧倒的に不味かった。

この味を一言で説明するなら、「一人暮らしの学生時代に焼きそば作り始めたら途中で調味料が何も無いことに気づきでもそのまま調理終了して食べました」味。

とにかく味がないのだ。なんというか、1年くらいほったらかしになったフランパンに野菜と卵と麺をまぜて焼いただけってな感じ。
というわけで、テーブル上の塩・コショウ・醤油でしっかり自分で混ぜて味付けしてから食べました。

そんなわけで自分の中ではイギリスのメシは圧倒的に不味い、という観念が出来上がっていたし、過去に英国へ行った日本の友人は皆口を揃えて不味いといっていた。だからイギリス滞在中は、どれほど不味いメシが出てくるのか逆にちょっとワクワクしていたわけだが・・・

<スポンサー広告>


こちらはイギリスのソールフード、フィッシュ&チップス。


モルトビネガーでいただきます。カラッと揚がっていて結構うまい。

これを食べた店の名前は忘れてしまったが、たしか一皿12ポンドくらいした。18ドル(=今日のレートで2133円なり)だと思うと高いよね。日本で「2133円のフィッシュ&チップス」は食べないな。通貨の関係もあってイギリスの物価はやたらと高い。

ここでヒースローのWagamamaとの共通点に気づく。イギリスでの食事は味が薄め(塩分控えめ)なのだ。自分で塩加減してくださいってな感じで。でもうまいよ、これは。

なんとなく入ったパブのイングリッシュ・ブレックファーストも普通に美味しい。やっぱり塩加減は薄め。


イギリス代表選手「パイ料理」


日本で連想する「パイ」のようにパイ生地に包まっているものもあれば、このように料理の上にパイがポンッとのっけてあるタイプもある。やっぱり味付けは優しめだが美味しい。
写真奥の英国産カンバーランド・ソーセージもうまい。

ここまで紹介したのはトラディショナルな英国料理だ。

一方ロンドンは世界最先端の街でもあって最近の健康志向も感じさせる。その代表がオットレンギの店。
ドバイの広々とした席での食事に慣れてる自分には、どうもここでの食事(イートインと言うべきか)は狭くて、しかも相席でつらかった。


 オットレンギ氏はユダヤ系。野菜をつかった料理(サラダなど)が得意で、野菜料理にちょっとしたアクセントを加えることでワンランク上のサラダ料理を提案しているシェフなんだそうだ、妻によると。

妻の中ではプチ・オットレンギブームらしく、最近の我が家では、コールスローサラダになぜか苺を入れちゃったりとオットレンギ節だ。

そして英国といえは定番のこれ、スコーン。と紅茶。

 クロテットクリームこってり塗っていただきます。う〜ん、ラヴリー(英国風に英国アクセントで)。だがカロリー相当高そう。

私にとってはイギリスといえばこれ。何と言ってもエールビール。

これは"Ringwood Brewery”というブリュワリーのビールらしいが非常に美味。濃いめ(ダーク)のやつから薄めのやつまで3種類くらいあっったので、薄めのをくれ、と言って出てきたのがこれ。
エールビールはやっぱりイギリスのがいいね。ベルギーなんかでもエールビール出しますけど(レッフェとか)、イギリスのエールの方が好みです、私には。
残念ながらドバイでは瓶入りの英国エールビールしか飲めません。どこかでドラフト(生)エールビールを出して欲しい。

ところであるパブで、アイルランドおなじみの黒ビール、ギネス(ドラフト)を飲んだところ、ドバイで飲めるもののとはなぜか味がぜんぜん違う。(ドバイでもギネスのドラフトビールは飲めます)
圧倒的にイギリスで飲むギネスの方がうまい。

なぜなんでしょう。水の違い?それともドラフトビールのもとが違う?気候のせいか?
誰か理由を知ってたら教えてください。

というわけで英国(主にロンドン)での食事は結構何を食べても美味しく、メシが不味かったのは昔の話?という気がしました。

ちなみにドバイの人気ジャパニースレストランは多くがロンドン発だったりします。ZUMAとかSAKE NO HANAなど。馬鹿高いけど結構うまいですよ。もう「なんちゃって日本食」どころが本物の日本食を凌駕するレベルです。

日本酒なんか頼んだら会計時にびっくりしますけどね。高くて。




 

この記事をシェアする

フォローする

 photo facebook_zpsdrko1l06.png  photo twitter_alt_zpssfdnlubz.png  photo linkedin_zpstdiv3dy6.png  photo google_plus_zpssnmgvnwz.png  photo youtube_zpsteblxlyi.png Consul Blog Feed photo feed_zpsipfsv36n.png

コメント|ご意見 なんでもOK