2008年にドバイ(UAE)にて日系企業/投資家をビジネス支援するコンサルタント会社"Y's Consultancy"をたちあげた筆者。日本生まれ日本育ちだが海外居住はかなり長い。なので漢字が苦手。楽器オタク。

This blog is written in Japanese. But I sometimes write in English when I feel like it.

2017/02/28

世界通貨/基軸通貨の存在感をすっかり失っている日本円

少なくともドバイでは。

ドバイは「世界の主要金融センターの1つ」と言い切るのはちと時期尚早ではあるが、中東一の金融ハブであることは間違いなく、世界的にもその地位を高めつつある。

アメリカや日本、またその他の多くの国と違い、出入国時に持ち込める現金の限度は(事実上)無く、個人法人を問わず、銀行では様々な通貨の口座を開設でき、金融の自由度は高いからだ。

だがここ2年ほどで明らかに変わったことがある。それは日本円に対する対応だ。

日本円口座が開設できない


かつては個人口座、法人口座に関わらず、UAEの銀行では日本円口座の開設は当たり前に可能だった。

そりゃ、円はハードカレンシーの1つなのだから。

ところが1、2年前から法人口座の円口座開設は「銀行マネージメントの認可ベースだ」と言われるようになり、事実上不可能となってしまった。(個人口座は居住者であればまだ一応可能な銀行もある)

一方Brexit(ブレグジット)を境に一気に安くなったりして混乱している英ポンドの口座開設は今でも全く問題がない。

まあそれなりに英国人と英国がらみのビジネスも多いポンドの扱いと違い、ドバイでは現状今ひとつ存在感の薄い日本円ではしょうがないかな、という程度に考えていたのだが。

[PR]



ところが最近は、ある程度まとまった日本円をキャッシュで日本から持って来て、ドバイの銀行口座に預金しようとしたケースですら断られる、という事態も出て来た。大きな銀行でもだ。

以前はその預金先の口座が円であれ、AEDであれ、USDであれ、大小どの銀行でも全く問題なく可能であったのだが。

本来基軸通貨であったはずの日本円を大手銀行ですら欲しがらない・・・

よってドバイで日本円を持っていても、銀行が受け付けてくれないので、レートの悪い両替商でUAEディルハムやUSドルに交換して預金するしかない、という状況になっている。

そしてさらに・・・

自分の円口座にある日本円すらも引き出せない


最近、とある日系法人がUAE最大の銀行で、自社の円口座から日本円(300万円ほど)の現金引き出しを銀行に依頼したところ、その程度の額であっても引き出せない(=銀行が円を用意できない)という事態まで起こった。

とにかくUAE銀行の「円嫌い」は本格的なようだ。

銀行担当者の言い訳は、リスクがなんだとか、3ミリオンは大きすぎるとか、なぜかウニャウニャでイマイチ歯切れが悪い。

結局のところ、ドバイでは利用者が無く、かつ長期の超低金利で持っていても全く旨味がなく、かつ日本政府のあからさまな円安政策も合間って、日本円など持たない、ということになったのだろう。

ところでこの銀行担当者は「日本円の3ミリオンは用意できないけど、ドル、ユーロ、ポンドの3ミリオンならいくらでも用意できるよ」と言って来た。

つーかJPYで「3ミリオン」って、たったの300万円=およそ25,000ドル程度なんですけど。しかもドル、ユーロ、ポンドの3ミリオンはそれぞれ3億円以上・・・

ペディキャッシュ程度とは言わないが、300万円すらも用意できないとは・・・

日本ではアベノミクス以降の円安によって大企業の売り上げ(円建て)は軒並み史上最高を叩き出し、雇用も順調で円安の良い面ばかりがクローズアップされがちだが、円安が進むということは日本全体の資産価値はドルベースでは落ちている、ということだ。

実は「日本=金持ち」という時代はすでに終わっているが、意外にその「日本金持ち」感覚が染み付いていて、今でも日本人の給与が高いと思っている日本人は意外に多い。

ドバイに駐在に来た日本人が、現地の(ホワイトカラーの)給与が高くてびっくりする、というのは結構よくある話。

何しろ20年前の方が給与が高かったデフレの日本に対して、他国(特に同じ先進国の欧米やヨーロッパ、またはシンガポールや香港、ドバイなど新興著しいエリア)では総じて給与がアップしているからだ。

「給与も上がるが物価も上がる」ドバイのような場所に対し、「給与は上がらないが物価も上がらない(というか相対的に下がる)」日本、どっちが庶民にとって幸せかは判断の難しいところではあるが、超低金利政策の長期化と円安政策によって世界での円の存在感が圧倒的に低下していることだけは間違いなさそうだ。

日本ではマスコミを中心に、中国の人民元にやっかみを入れる論調が多いが、もはや現場ではコミュニスト・チャイナの元の方が円よりも存在価値が高く、世界通貨として通用しているのではないだろうか。

[PR]

2017/02/01

ドバイ移住のための心得(言語編)

などと偉そうなタイトルを付けてみたが。

最近は「ドバイ移住を真剣に考えてます」という弊社のお客様も増え、ドバイの生活について様々なことを聞かれることが多くなった。

特によくこんな質問をされる。「なぜドバイに来たのですか?」と。

私の場合、理由は簡単。
その前はアメリカ(主にニューヨーク)が長かったが、アメリカを出ようとして英語圏で職探しをしたら、たまたまドバイのコンサル会社に雇われたから。
ちなみに当時ドバイ経済はバブル中で、ついでに職探しを始めた妻もあっという間にドバイで職が見つかり、ドバイへ移住して来る時にはすでに2人とも職がある、という状態だった。

その後、私は自身のコンサルティング会社を立ち上げたのだが、ドバイに来なければ自分でビジネスを始めるなど考えてもみなかったし、今では息子も生まれて家族は大きくなり、かつ経済的にも余裕が生まれ、ドバイ移住は我が家にとっては色んな意味で大正解だった。

そんな私の在ドバイも今年丸10年を迎えようとしている。

[PR]


そこで、よく聞かれる質問を交えながら、ドバイに住むということが一体どうなのか書いてみたいと思う。

他によく聞かれる質問としては、「ドバイって住みやすいですか?」という事。これはいくつか要素があると思うが、とりあえず暑いとか雨が降らないとか緑が生えない不毛の地だ、といった事はさておき、精神論的な事(主に語学とコミュニケーションについて)を書いてみたい。

日本人の海外生活者と言っても世界中いろんな地域で生活する人がいるが、私が思うに日本に近ければ近いほど「住みにくさ」のハードルは低いと思う。

例えばアメリカやヨーロッパよりもアジアの方が暮らしやすい。人種が同じアジア人だから、というも大きな理由の1つだろう。
同じアジア内ならドバイを始めとした中東よりもシンガポールやバンコクなんかの方が日本人にとっては暮らしやすいと思うし、香港なら一層海外生活のハードルは低いと思う。
日本に対するリスペストの大小によっても「住みやすさ」は違うのかもしれない。

同じアメリカでもニューヨークよりも日本に近いロサンゼルスはより生活しやすいし、ハワイなら尚更だろう。

私の経験からアメリカとドバイ(UAE)を比べた場合、圧倒的にドバイの方がアメリカよりも生活し易い。

その理由はいくつかあると思うが、まず言えることはアメリカでアジア人として生きていく、というのは結構大変。

元々ヨーロッパ移民(白人)によって始まったアメリカでは、宗教観を含めその価値観に合わせた生活、仕事力、英語力が必要で、アジア系は最も最後にアメリカに入って来た新移民という事で社会的立場が圧倒的に弱い。表立ってそうは言われていないが。

レストラン業界などで成功した人を除けば、アメリカで成功することは日本人を含むアジア人にとって非常に難しい。

特にドナルドトランプが大統領となった今、私自身は心の底からアメリカを出ておいて良かったと思っている。 トランプが登場して、表面上「人種のるつぼ」「移民の国」であったアメリカが、白人至上主義的なニュアンスを持ち始めたからだ。

それでもアメリカに住んでいた時には、自分のジャパニーズ訛り英語が、ビジネス電話の際に「明らかにナメられてるな」と感じることが多々あった。
「ポリティカリー・コレクト」な状況下では、一応人種差別は無い、ということになってはいたのだが、アメリカは。

一方ドバイでは、そんな心配は御無用。

ドバイで最も人口比率が大きいインド人は、独特な訛りのインドリッシュを話すし、フィリピン人やアラブ人の英語も独特だ。
皆がそれぞれ独特なアクセントを持った英語を話すので、本来「正解」であるはずの英国人のキングズ・イングリッシュがひどい訛りに思えてくる。

ブリティッシュ(英国人)もドバイではマイノリティなので、彼らもインド人やその他の国籍者に対して「お前の英語はおかしい」などとは言わない。

というわけで、ドバイでは結局「ジャパニーズ訛り英語で良いのだ」という結論に落ち着く。

とは言ってもドバイで通用する英語は、アジアのそれよりレベルは高い。なのでビジネスをしたり日々の生活をするためにはそれなりの英語力は必要だ。

頭のネジを2本くらい抜いてとりあえず英単語を連発する位の勢いが良い


よくアジアの次にドバイ駐在となった日本人が、ドバイの英語力についていけず苦労するケースをちょくちょく見かける。もちろん直で日本から移住だと尚更大変。

そんな時の心構えはこんな感じが良い。

  • インド人が相手:酷い訛りだな、わかるわけねぇだろ。
  • 英国人が相手:独特なアクセントだな、わかるわけねぇだろ。

もちろん声に出してそんなことは言わない。「気持ちの持ちよう」の話。
「自分が理解できないのはお前が悪いんだ」位の勢いがよい。

決して「自分の英語力が足りないからいけないんだ」などど思ってはいけません。

会話が成り立たない→自分が悪いと思ってしまう→自信が無くなる→話すことをやめてしまう→話せないまま→

という悪循環に陥ってしまう。

とにかくじゃべりまくるインド人だが、結構意味不明/意味の無い事を喋り捲っている。なので全部を理解しようとする必要はありません。

そこで私が相手が何言ったかわからない時にやるテクニック。
それは間があく前に勝手に自分が言いたい事を言ってしまう事。
会話の流れと違っても、相手の言ったことの返答になっていなくてもいいんです。それで何事もなかったように会話は先へ進んで行きますので。少なくともドバイでは。

実はアラビア語は必要ない


一応UAEではアラビア語は公用語だし、できるに越したことはないが、できなくても全く不便無く生活できてしまう。
恐らくドバイ居住者のうちアラビア語を話す人々の方が圧倒的にマイノリティだ。

私も在10年になるがアラビア語の理解は挨拶+α程度。

これではいかん、と思いアラビア語テキストブックも持っているが、普段全くアラビア語を使う機会がないので勉強も進まない。

例えば先日ドバイを訪れた私のクライアントが会った人々は、

  • フリーゾーンのレセプショニスト:フィリピン人
  • フリーゾーンの担当者:フランス人
  • 銀行の担当者:インド人
  • 銀行でコーヒーを出して来た人:バングラデッシュ人
  • 不動産局の担当者:UAE人 
  • 投資関連書籍の出版社の担当者:イギリス人

といった具合でドバイは非常にインターナショナルなビジネス環境なのだ。よってアラビア語が公用語であるものの、実質的な公用語は英語と言える。

[PR]

この記事をシェアする

フォローする

 photo facebook_zpsdrko1l06.png  photo twitter_alt_zpssfdnlubz.png  photo linkedin_zpstdiv3dy6.png  photo google_plus_zpssnmgvnwz.png  photo youtube_zpsteblxlyi.png Consul Blog Feed photo feed_zpsipfsv36n.png