2008年にドバイ(UAE)にて日系企業/投資家をビジネス支援するコンサルタント会社"Y's Consultancy"をたちあげた筆者。日本生まれ日本育ちだが海外居住はかなり長い。なので漢字が苦手。楽器オタク。

This blog is written in Japanese. But I sometimes write in English when I feel like it.

2016/09/04

サッポロ・プレミアム:禁酒の国で世界のビールレビュー

どんなビール?


ブランド(銘柄):サッポロ プレミアム
生産国・地域:日本
メーカー:サッポロ
ブランド発売年:
スタイル:ピルスナー、ラガー
アルコール度数:4.7%

[PR]



最近、フジャイラ首長国へ行く用事が多かったので、お酒はフジャイラ・セラーで買っていたのだが、今回はいつもの定番、ウム・アル・カイワイン首長国のバラクーダ・ホテル&リゾーツに併設された酒屋に出向いてお酒を調達。

今回はたまたま日本のビール、サッポロを売っていたので、久しぶりに日本のビールでも飲んでみるか、ということで購入してみた。

スーパードライはAED150。 そしてプレミアムはAED130・・・

なぜだ?
普通はスーパードライのほうが安いんじゃないのか。

というわけでプレミアムを購入。

これはラベルが黒いから日本で売ってるところのサッポロ黒ラベルなのかと思っていたが、どうも違うようだ。日本でも「サッポロプレミアム」として販売しているものらしい。

ラベルによると出処はヨーロッパからのようだ。
ライセンスして地球のどこかで製造し、丸紅ヨーロッパがディストリビュートしている、と書いてあるが、一体どこで醸造しているのかは不明。

サッポロ・プレミアムを飲んでみた感想


うん。これはなかなか美味しいね。

ピルスナーの元祖ピルスナーウルケルに似てるなぁ、という印象。それをまろやかに、デリケートかつ軽めに、そして主張を抑えて日本風にした感じ。

風味は他の日本のプレミアムビール、エビスに似た感じの風味で悪くないね。エビスってサッポロだったっけ?風味は似てるよ。なんとなくりんごフレーバーなところが。

やっぱり日本のビールは居酒屋スタイルで飲むのが合うビールだと思う。軽めで食事のお供にするビール。
サッポロのビールはライスが原料に入っているという話なので、寿司なんかにベストマッチしそうだね。

一方、イギリスのエールビールなんかは食事のお供にするには主張しすぎ。パブでビールオンリーで楽しむ飲み物だ。
ロンドンに行った時に、仕事帰りの人々がパブでビール片手に立ち話をしている姿をよく見かけたが、まさしくそんな状況にぴったりなビールだ。

一方日本人は、居酒屋や寿司屋に入って「とりあえずビール」。

この辺は食のカルチャーがビールの味に出ていて面白い。

サッポロビールといえば・・

若かりし頃にニューヨークの音大に通っていた頃、ミッドタウンにあるサッポロレストランというところでウェイターのバイトをしていたことがある。店はサッポロビール社とは全く関係無いが、出すビールは金の星マークが入ったサッポロビールだった。

懐かしいなあ。

かれこれ1年ほどそこでバイトしていたのだが、とにかくいろんな意味でファンキーなレスランだった。水漏れで緩んだ天井から猫が落ちてきた事もあったし。(レストランでは当時ネズミ対策のために猫を2匹飼っていた・・・)

[PR]

この記事をシェアする

フォローする

 photo facebook_zpsdrko1l06.png  photo twitter_alt_zpssfdnlubz.png  photo linkedin_zpstdiv3dy6.png  photo google_plus_zpssnmgvnwz.png  photo youtube_zpsteblxlyi.png Consul Blog Feed photo feed_zpsipfsv36n.png

コメント|ご意見 なんでもOK