2008年にドバイ(UAE)にて日系企業/投資家をビジネス支援するコンサルタント会社"Y's Consultancy"をたちあげた筆者。日本生まれ日本育ちだが海外居住はかなり長い。なので漢字が苦手。楽器オタク。

This blog is written in Japanese. But I sometimes write in English when I feel like it.

2016/02/08

Youtubeのアノテーションでサブドメインにリンクできない時の解決方法

最近、実験的にYouTubeで自分のビジネス関連のビデオを作成しアップしている。

こちらが私の会社のYouTubeチャンネル。今の所、ドバイ不動産に関してとスポーツカーのレビューなど。

Y's Management Consultancy - YouTube channel

YouTubeにはアノテーションという機能が付いていて、これでビデオから任意のウェブサイト(ただし関連ウェブサイトとして認可されたサイトのみ)にリンクを貼ることができる。(ここではアノテーションについてや設定については省きます。)

そこで問題が発生。関連ウェブサイトとして登録したサイトのサブドメインを冠したサイトに、アノテーションからリンクできないのだ。
なぜか”Please enter a valid URL(有効なURLを入れて下さい)”と出てしまう。(日本語で正確に何て出るのか不明です。私のは英語仕様なので)

具体的にURLを使って説明すると、私のYouTubeチャンネルの関連付けられたサイトは、

http://ys-consultancy.com

で、

http://cars.ys-consultancy.com

の中のコンテンツ(cars.ys-consultancy.com/xxxxx.htmlの様な形)にアノテーションを使ってリンクしたい、だができない。という状況。

そこでググってみたところ、他にも同様にサブドメイン・サイトにリンクできない問題を抱えている人がいるようだが、なぜかこれに関しては全く解決策が見当たらない。

YouTube/グーグルのFAQによると、サブドメインでもウェブマスターツールの「サーチ・コンソール」で関連付けられているものに関してはリンクできる、と書いてあるように解釈できる。
だが私のサブドメイン・サイトは登録した関連サイトと共にすでにサーチ・コンソールで関連付けられている。

巷のFAQの回答(英語)では「アノテーションからサブドメインにはリンクできない」という意見が多い。
そこでYoutubeに連絡して聞いてみよう、と思ったら「動画再生時間が規定の時間に達していないのでメールの問い合わせはできません」などと出てきた。グーグルのケチ〜。

サブドメインへのリンクは諦めるしかないか・・・

そう思っていたところ、たまたまテキトーにいじってみた結果がうまくいってしまい、見事に問題を解決したのでここに残しておきたいと思う。きっと同様の問題に困っている人もいるのではないかと思うので、お役に立てればと思います。

(ちなみに私はウェブ・プロフェッショナルでもITビジネス関係者でもありません。ただのDIY人間です。)

(1)すでに関連付けられているウェブサイト(Associated Website)を一旦削除する。

まず、[YouTube] > [クリエイターツール] > [チャンネル] > [詳細設定]と進み、


[関連付けられているウェブサイト] 欄の現在のサイトを削除(Remove)します。

 

(すみません、写真は英語版です。)




(2)新たに、アノテーションからリンクしたいサブドメインを、同じ[関連付けられているウェブサイト] 欄にて「確認=関連付け」し、関連ウェブサイトとして指定する。

そもそも関連ウェブサイトの承認のやり方がわからない場合は以下へ。

動画を自分のウェブサイトへリンクさせる(YouTubeヘルプ)


(3)次にアノテーションを作成し、リンクしたいサブドメンのサイト、またはサブドメイン・サイト/コンテンツをリンクする。

サブドメインが「関連付けられているウェブサイト」になっていますので、問題なくリンクできるはずです。

(4)Saveして、アノテーションから正しくリンクされたかどうかを確認。

(5)[クリエイターツール] > [チャンネル] > [詳細設定]から、[関連付けられているウェブサイト] 欄に戻り、元の関連ウェブサイトに戻して「確認(=関連付けられたウェブサイト)」します。

(6)これで関連ウェブサイトは元に戻っても、アノテーションのサブドメインへのリンクはちゃんと機能したままです。

要するに、一旦サブドメインを「関連サイト」に設定してアノテーションの作成/サブドメイン・サイトへのリンクを行い、それが終わったら、関連付けられているウェブサイトを元に戻す、という作業です。

以上で解決するはずです。



<スポンサー広告>

この記事をシェアする

フォローする

 photo facebook_zpsdrko1l06.png  photo twitter_alt_zpssfdnlubz.png  photo linkedin_zpstdiv3dy6.png  photo google_plus_zpssnmgvnwz.png  photo youtube_zpsteblxlyi.png Consul Blog Feed photo feed_zpsipfsv36n.png

コメント|ご意見 なんでもOK