2008年にドバイ(UAE)にて日系企業/投資家をビジネス支援するコンサルタント会社"Y's Consultancy"をたちあげた筆者。日本生まれ日本育ちだが海外居住はかなり長い。なので漢字が苦手。楽器オタク。

This blog is written in Japanese. But I sometimes write in English when I feel like it.

2010/01/21

中国人が投げ売りドバイ不動産物件を狙う!

今日のアラビアン・ビジネス紙より。

Chinese investors to target distressed Dubai real estate

価格の下がったドバイ不動産物件目当てに20人以上の中国人投資家グループが来月ドバイにやってくるという話。

サブプライム問題&リーマン倒産後に完全崩壊したアメリカの不動産を買いあさったのも中国人だったが、ドバイ不動産にも目をつけているらしい。
すでにドバイには150000人(ドバイ人口の10%!!)の中国人がいて、ドバイ不動産にもかなり投資しているという事だ。
記事下には「(ドバイに)来て見てってくれ、でも征服しないで」というコメントが付いていて苦笑してしまう。

日本人にとっては「バブル崩壊のドバイ不動産?」と思う人も多いかもしれないが、中国人のこういった「多少のリスクがあっても投資してくる」アグレッシブさは見習うべきところが多い。

株でも不動産でも新規ビジネスでも、多くの日本人は不景気な時期はまったく手を出さない。でも実は不景気な時の方が価格が下がっているので長期的に見れば投資チャンスだ。
逆に景気が良い時期には、メディアが投資だなんだでブームを起こすのでそれにつられて価格の高い時に投資してしまう。もちろん上がりすぎた価格は下がるので、短期的に見ると損をするし、今回のように世界的な大不況になってしまうと目もあてられない。


ドバイ不動産でも日本人投資家がよくドバイにやってきたのは2007年、2008年のバブルまっただ中で、結果論だが当然そこで買ってしまっていたら損をする。
ドバイバブル中はドバイ不動産をネタにした怪しい会社がセミナーやら何やらで投資家からお金を集めていたらしく、そういった詐欺被害に会われた方も多いようだ。バブル中はそういった詐欺会社も多いから実はリスクも高いのだ。

日本のバブル絶頂期に株を買ったと考えればもっとわかりやすい。現在の日経平均は最高時(1989年!)に比べて30%にも満たない。20年経ってもまだ大損。(ところでアメリカDow Jones平均は過去2年の下落を考慮しても総じて右肩上がりだ。日本の経済政策の悪さ、何かと悲観的な国民性というのも影響しているのだろう)

というわけで日本人ももっと投資に対して賢くなるべきではなかろうか。
投資にしてもビジネス進出にしても日本人は行動が遅い。できるだけリスクを取らない様に、と考えすぎて逆に投資チャンスを逃してしまう。

ところでアメリカでは高校で投資に関する授業が行われたりして「資産を運用する」という意識が高い。
日本も今後そうなっていくと思う。JALの様に今自分が勤めている会社が倒産したら企業年金をもらえるだろうか?日本の健康保険システムは破綻しないだろうか?国民年金は貰えるのか?(今の制度ままでは間違いなく貰えないでしょう。)


以上を考えると自分の資産は自分で管理し、増やせるものなら増やしていく。という事になる。

そんなことを「投げ売りドバイ不動産を中国人が狙う」を読んで思いました。





この記事をシェアする

フォローする

 photo facebook_zpsdrko1l06.png  photo twitter_alt_zpssfdnlubz.png  photo linkedin_zpstdiv3dy6.png  photo google_plus_zpssnmgvnwz.png  photo youtube_zpsteblxlyi.png Consul Blog Feed photo feed_zpsipfsv36n.png

コメント|ご意見 なんでもOK